一般財団法人 アジア図書館・アジアセンターをつくる会(略称:アジアセンター21)は、ボランティア市民活動を続けてきて32年。ご支援に感謝します!

〈1千冊図書展示と貸出しシリーズ〉No.88「朝鮮半島(南と北と在日)を読む」

投稿日:2018年1月7日

日時

2018年1月16日(火)~3月31日(土) 10:30~18:30 
※月曜日と祝日は、休館。

会場

アジア図書館

参加費

※アジア図書館会員は、無料で閲覧、貸出しできます。 
一般の方は、一日閲覧料¥500(大学生以上)、¥300(中・高校生)

定員

なし

ゲスト(講師)

38度線で南と北に分かれたままの大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)。
日本にとって近くて遠い国といわれる北朝鮮とは国交を持てないままです。
戦後72年たってもなぜなのか? 朝鮮半島の南北の政治、経済、文化、歴史など丸ごと読んでみて、冷静にじっくりとこの大問題を考えてみることをおすすめします。
2月のピョンチャンでの冬のオリンピック、パラリンピックが開催されます。平和あってのことです。
読書のチャンスです。
『日本の朝鮮文化』『となりのコリアン』「アリラン峠の旅人たち」『ナヌムの家のハルモニたち』
『南北分断の真相』『韓国ドラマ 愛の方程式』『平壌からの告発』『半島へふたたび』
『在日一世の記憶』ほか。
1千冊展を充実させるために、関連図書の寄贈を受付中!

Copyright (c) 2013 Asian Library & Communication Center Osaka All Rights Reserved.