一般財団法人 アジア図書館・アジアセンターをつくる会(略称:アジアセンター21)は、ボランティア市民活動を続けてきて32年。ご支援に感謝します!

〈ワクワクワールドミュージック第47回〉
ペルシャ伝統楽器サントゥール
”岩崎和音帰国記念”ライブ&レクチャー

投稿日:2017年9月20日

日時

2017年10月28日(土)17:00

会場

アジア図書館

参加費

一般¥1,800、 アジア図書館会員¥1,500

定員

定員30名。※要予約(電話、メール、FAX)。

ゲスト(講師)

■岩崎和音(いわさき かずね/演奏&レクチャー)
1989年、大阪生まれ、滋賀育ち。
イラン・ペルシア伝統楽器サントゥール奏者。
大阪音楽大学在学中、P.アナヴィアン氏の紹介により、サントゥールと出合う。同大学卒業後、イランへ渡り、国立テヘラン大学大学院にてイラン・ペルシア音楽を学ぶ。
サントゥール演奏法を、西欧での評価も高いカームカール兄弟に師事する。
2014年、テヘラン大学より最優秀国際学生の一人に選出、褒賞を受賞。
4年間の留学を終え、昨年帰国。現在にいたるまで、イランの首都テヘランや、日本国内各地で演奏活動を行っている
紀元前に起源を持つイランの伝統楽器、打弦楽器のサントゥール。
現在も親しまれています。
サントゥールは、台形の木箱に72本の弦が張ってあります。
ピアノの祖先といわれ、東西に広く伝播、ダルシマ、ツィンバロム、中国の楊琴などに。
イランの伝統音楽、イランについてなどのレクチャーもあります。

参加お申し込み、お問い合わせは下記よりお願いいたします

アジア図書館・文化センター・語学スクール

電話06(6321)1839
FAX06(6325)1146

フォームでのお申込み、お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加したいイベント名(必須)

メッセージ

Copyright (c) 2013 Asian Library & Communication Center Osaka All Rights Reserved.