一般財団法人 アジア図書館・アジアセンターをつくる会(略称:アジアセンター21)は、ボランティア市民活動を続けてきて32年。ご支援に感謝します!

私の国を紹介します“中央アジアー ウズベキスタン・キルギス”

投稿日:2017年11月9日

中央アジアの2つの国、ウズベキスタン、キルギス― 歴史、文化、人びとの暮らし、ことばなど紹介します!

日時

2017年11月18日(土)〈第1部ウズベキスタン〉15時~16時 〈第2部キルギス〉16時~17時

会場

アジア図書館

参加費

1,500円(一般・1部と2部),1,200円(一般・各部のみ)
1,200円(会員・1部と2部),1,000円(会員・各部のみ)

定員

30名(メール、電話でご予約ください)

ゲスト(講師)

ウスモノフ・バフティヨルジョン
(ウズベキスタン、フェルガナ出身)
シャミシエワ・ナズグリ
(キルギス・ビシュケク出身)
古来からシルクロードを介して文化交流,物資の往来が盛んで、近年、日本への関心も高く,日本との外交関係も強まっています。
それぞれの国の留学生が紹介します
第1部は、ウズベキスタン。多民族国家で2500年の歴史があり、アレキサンダー大王、マルコポーロ、玄奘三蔵等も魅了した豊かな国。インドの仏教もこの地を経て中国・日本に伝来。温厚で柔和な人びと。そして親日国としても知られています。1991年に旧ソ連から独立。天然資源も豊富で注目されています。留学のため来日中のバフティヨルさんの故郷フェルガナは、古くより東西の文化を結ぶ中継地。緑豊かな運河、名馬汗血馬の原産地、シルクの織物アトラスなどでも有名。ウズベキスタンの紹介とウズベク語入門などお話ししていただきます。(スライドも上映)
第2部は、キルギス。
大自然に恵まれたキルギス共和国ってどんな国でしょう。 首都ビシュケク出身の留学生、シャミシエワ・ナズグリさんに紹介していただきましょう。 日本語専攻のシャミシエワさんにキルギス語についてもお話ししていただきます。(スライドも上映)

参加お申し込み、お問い合わせは下記よりお願いいたします

アジア図書館・文化センター・語学スクール

電話06(6321)1839
FAX06(6325)1146

フォームでのお申込み、お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加したいイベント名(必須)

メッセージ

Copyright (c) 2013 Asian Library & Communication Center Osaka All Rights Reserved.