一般財団法人 アジア図書館・アジアセンターをつくる会(略称:アジアセンター21)は、ボランティア市民活動を続けてきて32年。ご支援に感謝します!

大阪自由大学・アジア図書館共催〈東アジアを考える〉
「中国帰国者センターの現状と展望

投稿日:2019年4月14日

日時

2019年5月8日(水)18:00~20:00

会場

アジア図書館

参加費

(資料代)一般1000 円、学生無料 、
アジア図書館会員500円 

定員

■定員:30 人(当日参加可 / 予約優先)

ゲスト(講師)

■ゲスト 長山 瑛子さん
中国帰国者センター事務局長。中国帰国者2世。1990年、日本へ帰国。
現在は、中国残留邦人を支援する「支援・相談員(大阪市)」 として、中国残留邦人支援に関わっている。
中国帰国者センター(東淀川区柴島)は、1984 年、「日中友好手をつなぐ会」(長野県) の大阪支部を母体に設立され、中国残留孤児等となった帰国者の受け入れと定住促進支援 を担ってきました。
2008 年、国費帰国者の減少に伴い定着促進センターとしての委託事業終了後、現在は日本語支援、生活相談、地域住民との交流クラス等を継続。高齢化が進む帰国者一世を対象にデイサービス事業者を招致するなど、新しい試みが始まっています。帰国者2世でセンター事務局長の長山瑛子さんに、帰国者としてのご自身の体験も交えながら、センターのこれまでの経緯と現状、展望についてお話していただきます

参加お申し込み、お問い合わせは下記よりお願いいたします

アジア図書館・文化センター・語学スクール

電話06(6321)1839
FAX06(6325)1146

フォームでのお申込み、お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加したいイベント名(必須)

メッセージ

Copyright (c) 2013 Asian Library & Communication Center Osaka All Rights Reserved.